コスパ重視で生きたい人生だった

なるべく楽して生きて行きたい30代サラリーマンのブログ

World IPv6 Launch(ワールドIPv6ローンチ)に影響を受けないシンプルな方法


本日の日経新聞で「IPv6への世界一斉対応、NTTは乗り遅れ フレッツ加入者のv6接続は遮断」という記事がありました。
要約すると、
6月6日に世界の主要なインターネット・IT企業がいっせいにIPv6に対応するから!
ということらしいです。

以下、わかる人にはわかる、わからない人にはわからない解説。
(どうでもいいけど、この記事書いた人は文系でなかろうか。。。全角英数なので。。。)


●6月6日のWorld IPv6 Launch(ワールドIPv6ローンチ)以降どうなるか?

World IPv6 Launchのサイトによれば、

Major websites are permanently enabling IPv6 starting 6 June 2012 at 0000 UTC on their main websites: www.facebook.com, www.google.com, www.bing.com, and www.yahoo.com will all be reachable over IPv6 from that time.

FacebookやGoogle、Bing、Yahoo!(米)といった主要なWebサイトが2012年の6月6日のUTC0時(日本時間6月6日午前9時)からIPv6で接続可能になるよ!
ってことらしいです。

そうなると、
DNSへ問い合わせを行う(IPv4)

AレコードとAAAAレコードを取得

端末(PC)がNTTから払い出されたIPv6アドレスを持っていると、そのアドレスをソースアドレスとしてIPv6アドレスでHTTPアクセス

実際には、NTTから払いだされたIPv6アドレスはインターネットへの到達性が無いので、端末(PC)側でHTTPリクエストがタイムアウトするまで待機

そのあとIPv4でアクセス
となります。
この"タイムアウト"するまでの時間が、接続遅延となるわけです。


●NTT側の対策

この問題を発生させないためにNTTが(ISPにお願いして)とった対策が、「AAAAフィルタ」なるものだそうです。
これは簡単にいうと、ISPのDNSからAAAAレコードを返さないフィルタだそうで。

そうすれば、上のシーケンスが
DNSへ問い合わせを行う(IPv4)

Aレコードのみを取得

そのあとIPv4でアクセス
となり、タイムアウトの待ち時間がなくなるわけです。
しかし、この対策だとISP以外のDNS(ちょっと前に流行ったGoogleDNSとか)を利用している人は接続遅延が解消されません。
(ISPのDNSにGoogleDNSが含まれていなければという前提)


●GoogleDNSを利用している人の自己防衛策

じゃあGoogleDNSを利用していて、6月6日以降GoogleDNSからAAAAレコードが払い出されるようになり接続遅延が発生してしまったらどうすればよいか?
PCのIPv6を無効にしましょう!

やり方は簡単。
WindowsXPの場合は、
コントロールパネル→ネットワーク接続→ネットワーク接続を右クリック→プロパティ
すると以下の画面が開くので、「Microsoft TCP/IP version6」のチェックを外し、無効にしましょう。

この対策をとるときの前提条件

 ・6月6日以降、AAAAフィルタを適用していないDNSを利用しており接続遅延が発生する
  (なおかつ、原因がIPv6アクセスのタイムアウト待ちにあるとき)

この対策をとったときのデメリット

 ・IPv6アドレスでの通信ができなくなる(NTTのサービス情報サイト等が利用できなくなったりします。が、私はIPv6をずっと無効にしていますが、不便を感じたことはありません。)

ちなみに、現状では我が家の環境ではGoogleDNSからはAAAAレコードは返ってきていないようです。
6月6日、どうなるのか注目ですね。