コスパ重視で生きたい人生だった

なるべく楽して生きて行きたい30代サラリーマンのブログ

コマンドプロンプトでファイルサイズを指定してファイルを作成するコマンド


諸事情により2MBぴったりのファイルが欲しい!とか
転送速度を確かめるために2GBのファイルが欲しい!とか
そういうことってあると思います。
そんなときに限って、手元にお手頃なファイルが無い!
そんなときはコマンドプロンプトでサイズ指定でファイルを作成しちゃいましょう。


●fsutilコマンドで指定サイズのファイルを作成!

コマンド構文は以下の通り。
fsutil file createnew <作成するファイル名> <作成するファイルサイズ(byte)>
このとき、ファイルサイズは10進数指定なので、例えば2MB丁度のファイルが欲しい場合には
 2MB=2*1024*1024byte=2097152
を指定してください。

C:\>fsutil file createnew test.txt2 2097152
ファイル C:\test.txt2 が作成されました
C:\>dir test.txt2
2013/04/06 23:07 2,097,152 test.txt2
1 個のファイル 2,097,152 バイト

●ファイルサイズの計算

ファイルサイズ計算の基本は以下の通り。

1024B=1KB
1024KB=1MB
1024MB=1GB

計算が面倒な人はこんなサイト(バイト変換)を利用してみては。

それではまた。

Windows コマンドプロンプト ポケットリファレンス

Windows コマンドプロンプト ポケットリファレンス