コスパ重視で生きたい人生だった

なるべく楽して生きて行きたい30代サラリーマンのブログ

働き出したら「信金」の口座を作ろう


どうも。ぼくです。
みなさん、銀行口座はどこに開設していますか?
ぼくは、
 ・給与受け取り:東京三菱UFJ銀行(メガバンク)
 ・家賃支払い:SBIネット銀行(ネット銀行)
 ・資産運用:SBIネット銀行、ソニー銀行(ネット銀行)
と使いわけていました。

しかし。最近気づいたことがあります。
信金、いいじゃん。


楽天銀行

1.ぼくが考えるメガバンクメリット・デメリット

【メリット】
  • 全国どこにでも支店があるのが便利(引っ越しても窓口利用可能)
  • 銀行ATMの数が多い(ただ、最近はコンビにATM利用が多いので、メリット減・・・)
  • 投資商品はまあまあ豊富、買うときは、窓口で相談可(自分で選べない/考えれない人にはいいかも)
  • 同行内振込み無料がオークション利用などで便利な場合あり
  • 給与振込みの指定行の場合あり
【デメリット】
  • 金利が安い
  • コンビニATMで手数料とられることがある(特に夜間と休日)

2.ぼくが考えるネット銀行のメリット・デメリット

【メリット】
  • コンビニATM、24時間手数料無料の場合が多い(回数制限あり)
  • 他行へ振り込み無料(回数制限あり)
  • 家にいながらネット経由でで大体のことができる(明細、金融商品購入、各種手続きなど)
  • 金利がちょっと高い
【デメリット】
  • 店舗がない(どうしても対面で相談をしたいことがあった場合に不便)
  • インターネットに慣れていないと扱いづらい

3.ぼくが考える信金のメリット・デメリット

【メリット】
  • 独自サービスが豊富(大阪信金の場合、給与振込みに指定するとポイント制度あり。半年で最大3000円もらえる)
  • 金利が高い!(定期預金金利が0.4〜0.5%のプランあり、ほかと比べると圧倒的に高い利率です)
  • 取引実績を積めば、将来のローン利用に有利・・・との噂
【デメリット】
  • 口座開設等の手続きが絶望的にめんどくさい
  • コンビニATM手数料を取られる&24時間利用じゃない場合がある


まーこんな感じ。
メガバンクは無難な感じでこれまで利用していましたが、金利やATM手数料を考えると、信金のほうがいいという結論に。
ということで、メイン口座をメガバンクから信金に乗り換える決意をしました。

信金(給与振込+カード・公共料金支払い)+ネット銀行(生活資金&金融商品)の組み合わせが最高

信金はコンビニでおろすと手数料がかかりますが、自行ATMであれば手数料無料です。
幸いにも自宅の最寄駅近に大阪信用金庫のATMがあり、21時までやってるのでコンビニより不便にはなるものの、現実的には利用可能な範囲です。

メガバンクの場合でも、コンビニATMで出勤する場合は遅い時間だと手数料とられますし。
信金で給料受け取り、必要分だけおろしてネット銀行に入金としておけば、普段の出金はネット銀行からになるため手数料を気にする必要がありません。

あとはローン。
お金のソムリエ菅井敏之氏の著書『お金が貯まるのは、どっち⁉』によれば、

たとえば、500万円の預金があったとしても、メガバンクではまったく相手にされませんが、信用金庫なら「上客」として扱ってくれる。1000万円なら、担当者がついてくれる場合もあります。(p. 18)

だそうで。この500万円も、ある日一括で入金されたものと、こつこつ10年かけて貯めたものだと後者のほうが圧倒的に信用があるとか。
ん〜知らなかった。
というわけで、信金である程度信用を築いていき、将来ローンを組むときに備えるというのがいいかもしれません。
(参考:http://nikkancareism.jp/archives/1540:実は間違っているかも!「メガバンクor信用金庫」お金が貯まるのはどっち!?)

実際に大阪信用金庫で口座を開設しました。
www.cospa14.com


ソニー銀行で口座を開設するなら紹介してもらうほうがお得です!
www.cospa14.com


そんじゃまた。

お金が貯まるのは、どっち!?

お金が貯まるのは、どっち!?