コスパ重視で生きたい人生だった

なるべく楽して生きて行きたい30代サラリーマンのブログ

福島でうなぎ(ひつまぶし)を食べるなら「ふな定福島庵」

f:id:dett0826:20150905002959j:plain
暑い夏、シーズンに1回くらい無性にうなぎが食べたくなります。
特に土用の丑を過ぎてしばらくすると。
みんながうなぎを食べている姿を見て、そのときは我慢するんだけれど、しばらくすると無性に食べたくなる。

というわけで、近所のうなぎ屋さんにいってきました。
「ふな定福島庵」。

いかにも職人っぽい店主が焼く、こだわりうなぎ

お店へ入ると、いかにも職人っぽい、けど愛想もいい店主がカウンターの中からお出迎え。
2階席へ通されました。
1階はカウンター席のみだったけれど、焼いてる煙もあるし、普通は2階に通されるのでしょうか。

そして、メニュー。
うな丼、うな重と提案メニューもありましたが、ひつまぶしを選びました。
なんか邪道な気がしないでもなかったですが、6年名古屋で過ごしたので、名古屋グルメには愛着があります。
あとは、味の変化を楽しめて飽きないし。

f:id:dett0826:20150905003324j:plain
まずはそのまま。
皮はぱりっと、中は柔らか、美味しく焼けてます。
店内には、「当店は国産うなぎを備長炭で焼いています」の張り紙。
国産、中国産を食べ分けれる自信はないけれど、少なくとも時々あるうなぎ特有の臭みはなかったです。
うまいです。

f:id:dett0826:20150905003647j:plain
続いて、薬味を載せて。
ネギとワサビのさっぱり感が、脂の乗ったうなぎを引き立てます。
これはこれでうまい。

f:id:dett0826:20150905003732j:plain
最後は、出し茶漬けで。
さらさらっと食べれます。
やっぱり締めはお茶漬け!

ということで、おいしいうなぎ屋さんでした。
ボリューム的には、大食いの人にはちょっと物足りないかな?という感じでしたが。
うなぎってそんな大盛りを食べるものではないし、自分は大食いでもないので十分満足でした。

また、食べたくなったら行こう。そう思えるお店です。