コスパ重視で生きたい人生だった

なるべく楽して生きて行きたい30代サラリーマンのブログ

普通の温泉とはちょっと違う、オリジナリティあふれる温泉3選

f:id:dett0826:20151029005831j:plain
温泉っていうと、一般的には旅館の中に、大浴場や露天風呂、家族風呂があって、夜は部屋でご馳走。
旅館の周辺には温泉街が広がっていて、お土産を買えたり、というのが世の中の平均的なイメージだと思います。
(少なくとも、私が温泉と聞くと、有馬温泉や加賀温泉、草津温泉といった一大温泉街が真っ先に思い浮かびます)

しかし。
広い日本。
そういった一般的なイメージからは多少外れた、変り種温泉や秘湯といったものも数多く存在します。
今回紹介するのは、私が行った中で、「これは珍しくて、いいな」と思った温泉です。
これら意外にも、すごい秘湯は世の中に沢山ありますので、一つの参考としてみてください。

泥湯がすごい!別府温泉保養ランド(大分県)

hoyoland.webcrow.jp

f:id:dett0826:20151029010758j:plain
まず一押しなのが、泥湯で有名?な別府温泉保養ランドです。別府温泉街の中心部からはちょっと離れています。
名前だけ見ると、健康ランドみたいなのを想像してしまいがちですが、全然違います。
もう、泥です。温かい泥。その中に入ります。
f:id:dett0826:20151029010805j:plain
いやーほんと楽しいですよ。
露天風呂は混浴なのもポイント高いです。一応紐で仕切られてはいますが、手の届く距離。
カップルでいっても楽しめる温泉です。

ただし、注意点が一つ。
建物は古め。
あともろもろのことを想像してしまうような潔癖症の方にはむかないかもしれません・・・

青荷温泉 ランプの宿(青森県)

ランプの宿青荷温泉

青森の山の中にある青荷温泉ランプの宿。
ひなびた風情の小さな温泉宿です。
ほんとうに山の中。周りはなーーんもありません。

そして、ここの宿のいいところは、部屋にも共通設備にも電気を使うものがないところ。
部屋や廊下、宴会場の明かりは全部ランプです。
テレビもなければコンセントもない。
ここへいけば、全部忘れてのんびりするしかありません。

そして、冬にいくと、もう雪に埋もれてます。
真っ白。それがまた風情あり。
いくなら私は断然冬がおすすめです。
あと露天風呂は混浴なので、ここもカップルでいっても楽しめると思います。

日本最南端 シギラ黄金温泉(沖縄県宮古島)

www.nanseirakuen.com
f:id:dett0826:20150818211051j:plain
最後は日本最南端の温泉。
こちらの記事でも紹介していますが、リゾート感あふれる温泉でした。www.cospa14.com

おすすめはジャングルプール。
プールと言っても、温泉で、その名の通りまわりを森に囲まれた露天風呂です。
めっちゃ広くて、浮き輪にのってぷかぷかできます。
ここだけで、1日過ごせちゃうくらい、のんびりできる。
宮古島までいって温泉?と思う人もいると思いますが、海で疲れた体を癒すのにもいいですよ。

ちなみに、何年か前までは西表島にある温泉が日本最南端でしたが、閉鎖してしまいました。

紹介しきれなかった温泉たち

3つ紹介しましたが、ほんとは他にも候補がいくつかあって、選ぶのに悩みました。
せっかくなので、簡単に残りを紹介。

雪見露天がおすすめな白骨温泉、奥飛騨温泉(岐阜、長野)

岐阜や長野の山の中にある温泉。
冬にいくと、雪見露天が楽しめます。
私は温泉の中でも雪見露天が一番好きです。
ちらつく雪を眺めながら、ぼーっと温泉につかる。最高の時間です。

野生味抜群、平内海中温泉(屋久島)

屋久島にある、露天風呂。
海の横に浴槽がありますが、基本丸見えです。
入るのには勇気がいりますが、目の前は海。開放感はすごい!


そんな感じです。
こんな記事書いたら温泉にいきたくなってきた。。。