コスパ重視で生きたい人生だった

なるべく楽して生きて行きたい30代サラリーマンのブログ

関西電力のはぴeみる電(電気使用量のweb照会サービス)に登録するといいことあるかも

f:id:dett0826:20151128215859j:plain
関西電力の電気使用量のWeb照会サービス「はぴeみる電」というサービスがあります。
いつもは家のポストに毎月の電力量を記した紙がはいっていますが、このサービスに登録すると過去の分までさかのぼってみれます。
便利!
しかも今登録すると抽選で500名に1万円プレゼントらしい。やるっきゃないでしょ。

はぴeみる電の登録の仕方

登録方法は大きく2種類。

インターネットで登録する方法

以下のサイトから新規登録してください。
このとき、関西電力の「お客様番号」が必要なので、毎月の電気使用量のお知らせの紙を手元に用意してください。
もしなければ、来月まで待つか、お客様番号の郵送の手続きもできるようなので、そちらで準備を。

郵送で登録する方法

たぶん、電気使用量の紙と一緒に、はぴeみる電の登録用紙が入っているはずで、それを郵送することでも登録できます。
これに登録してやろうという方は、たぶん郵送よりもネットで登録のほうがなじみがあるとは思いますが。

はぴeみる電に登録するメリット・デメリット

メリットその1 電気料金が過去の分を含めていつでも見れる

f:id:dett0826:20151128222022j:plain
これは結構便利かも。
電気料金を知りたくなることってこれまではあんまりなかったけど、前年同月の実績と比較することで、「あー今年は使いすぎてるな」とかわかります。
ちょっと節電しよう、とか思えるかもね。

メリットその2 電気料金シミュレーションが簡単にできる

前々から、電気料金ってどのプランにするのが一番安いんだろうと気になってました。
普通のプランのほかに、夜間割引みたいなやつあるじゃないですか。
昼間は基本家にいないから、あっちのほうが安いんじゃね?って思ったり。

で、過去の電気料金を元にシミュレーションしてみた結果、今のが一番安そう。
すっきり。

メリットその3 会員になって応募するだけで、1万円分のギフトカードもらえる可能性が微レ存

何事も応募してみなければ、わからない!
500名にプレゼントだから、10万人応募したとして期待値50円だけど。

デメリット 紙で電気料金が届かなくなる

これに尽きると思います。
紙で届かない=自分で確認しないと、電気料金がいくらかわからなくなる。
わからなくなったらどうだというのはありますが、そういうのがいやな人には向かないかも。
メールでお知らせしてくれるサービスもあるので、そっちでカバーするのもありだと思います。

ぜんぜん関係ないけど、「はぴeみる電」ってなんか語呂悪いですね。
はぴいーみるでん。
「みるでん」位にしとけばよかったのに。
偉い人その1がインターネットでみれることは「みるでん」だけじゃわからないだろ、eをいれろeを!といい、
偉い人その2が「eみる電」じゃなんか登録してうれしいって伝わってこないなあ~ハッピーって入れてみたら?といい、
こうなったと想像。