コスパ重視で生きたい人生だった

なるべく楽して生きて行きたい30代サラリーマンのブログ

引越し初心者に送る、引越しのときの家の選び方~比較的都会編~

f:id:dett0826:20151212135224j:plain
どうも。私です。

大人の事情というやつで、今までに何度か引越しをしたことがある私。
そんな事情を知っている人たちから、最近、何度か引越しの際の家選びのポイントを聞かれたので、頭の整理もかねて書き残し。

10回とか20回とか、そんな経験豊富ではないので悪しからず。

引越しをするときには「譲れない条件」と「あると嬉しい条件」を明確に!

引越しの経験があまりない人は、まず何から考えればいいかわからないようです。
住む場所、値段、交通の利便性、周りの環境、新築・・・

まずはこれらの条件を「絶対必要!」なのか、「できればいい!」なのか、自分の中で整理しましょう。
30代サラリーマン目線からみた整理しておいたほうがいい条件は以下の通り。

その1 予算

先立つものがないと何も始まりません。
まずは予算を決めましょう。
これ以上は絶対出せない!という額と、これくらいだったら嬉しい額っていうのを用意して、最初は後者の額を出して話をしつつ、気にいった物件があれば、もう少し出せるんですけどね~、と言ってみたり。
これで、相手に大体の予算感が伝わると思います。

どれくらいお金を見込めばいいかわからない人は、ネット上でいくつか物件を見て周り、土地と値段との感覚を持っておいたほうが話しは早いです。
あんまり見当違いな予算と部屋のスペックの話をすると、不動産屋に世間知らずとみられて対応もそれなりになっちゃったりするので・・・

その2 住む場所

これもある程度決めておかないと、物件の探しようがありません。
まず、予算と相談して、住みたい駅を決める。
あとは現地の不動産屋さんい赴いて、条件を伝えて何個か物件を見せてもらう。
そんな感じになります。

基本的には便利さと家賃はトレードオフの関係にあるので、自分にあった便利さと家賃のバランスを見極めましょう。
こればっかりは、その地方によってかなり傾向が異なるのでなんともアドバイスがしようがありませんが、大阪であれば環状線か地下鉄御堂筋線、谷町線沿いの北側が治安的にもマシでおすすめです。
その分南部にいけば、諸々の悪化とともに家賃も下がっていきます。はい。

その3 風呂

個人的に絶対譲れない風呂トイレ別。
これはいつも伝えます。
最近はユニットバス物件はあまり人気がないらしく、男性一人暮らしと見るや否やユニットバス物件ばっかり出してきやがるので、それがいやな人ははっきり伝えましょう。
気にしない人は、気にしないでOK。

その4 都市ガス

いまだにプロパンガスの物件に住んだことがありませんが、ガス料金がだいぶ変わるようです。
これも、避けましょう。
私が不動産屋にいったときには、だいたい向こうで避けてくれてたようですが、世間知らずな雰囲気が漂っていると、ここぞとばかりに出してこられるかも。。。

その5 立地

線路、大通り沿いは避けたほうが無難です。はい。
大通り沿いだけど、そんな車通らないし大丈夫じゃね!?と思って住んでみたら、結構気になりますね。これ。

あとは、マンションのゴミ捨て場や共用部分が荒れている物件は、住民の質という意味でなるべくなら避けたほうが無難。
周辺のコンビニが荒れていたり、トイレの貸し出しをしていなかったりする場合も避けたほうが無難。
近くに鈴蘭のようなとんでもない不良高校がある場合も避けたほうが無難。

近くにあると便利なのはスーパー、コンビニ。
自炊をするつもりなら、駅から家までの間にスーパーがあるのがベスト。

こんな感じでしょうか。
最後は内覧してみてのフィーリングだと思います。
条件にあてはまっていても、なんか気分的に避けたい、と思う物件もあります。
逆に多少条件からはみ出ていても、ここいいな、と思える物件もあります。

参考になれば。