コスパ重視で生きたい人生だった

なるべく楽して生きて行きたい30代サラリーマンのブログ

家であるものでなんとかなる!キーボード洗浄の4STEP

f:id:dett0826:20160221230123j:plain

今のキーボードを使い始めて、はや4、5年くらい。
あんなものや、こんなものを触ったままの手で触るものだから、全体的にねっちょり感が増してきていました。

ふとした瞬間にそれに気がついて以来、だんだんとその汚れが気になり始めて。
新しいキーボードを買おうか迷ったんですが、せっかくだし洗ってみることにしました。

トータル2時間強の作業で(キーが一個死んだ)快適なキーボードが手に入りました。プライスレス。

意外に簡単、キーボード洗浄

やってみれば意外に簡単でした。この4STEP。
1.キートップをはずす
2.キートップを洗う
3.キーボード本体を拭く
4.キートップをはめる


利用した道具は、以下5つ。
だいたいみんなの家にありますよね。
マイナスドライバー
風呂桶
食器用洗剤
使用済み歯ブラシ
アルコールタイプのウェットティッシュ

1.キートップを外す

一番慎重にやる必要があります。
マイナスドライバーを一番端のキーの下に軽く差し込み、右側を少し持ち上げる。
持ち上がった部分を指で押さえ、次に反対の左側の下にマイナスドライバーを差し込む。
くいっと上げれば、ぼろんと取れます。

取れたキーボードはなくならないように、風呂桶(あるいは台所用のボール)に入れておきましょう。

ポイント

その1
なるべく真上に取れるように、左右均等に持ち上げていくようにすること。
片側から力をかけすぎると、壊れます。たぶん。
専用の工具も安く売ってるので、心配な人は購入したほうが無難。
私がやったときは、エンターキーが少し折れました。使用にはほとんど影響ないけど。

サンワサプライ キートップ引抜工具 TK-013

サンワサプライ キートップ引抜工具 TK-013

その2
キートップを外す前にスマホで写真を撮っておきましょう。
あとから再度はめるときに、場所がわからなくならないように。

ちなみに、キートップが外れた後のキーボードはほこりやら髪の毛やらで、かなり汚い。

2.キートップを洗う

取れたらキートップを洗います。
キートップの汚れは、ほとんど人の手の脂系の汚れだと思うので、食器用洗剤で洗うのがおすすめ。
まずは軽く水洗いをして、大きなごみを落とします。
その後は上から食器用洗剤をかけて、一つずつ歯ブラシで磨いていく。
地味な作業。
ただ、この作業で手を抜くと、せっかくの掃除が中途半端に終わってしまうので、がんばってやるべし。

洗ったら、タオルの上にひとつずつ並べて乾かしましょう。
特に裏側に水が残っていると、あとからはめた後に故障の原因になります。
なかなか乾かなかったら、ドライヤー等で。

3.キーボード本体を拭く

キーボード本体も手の脂で汚れていると思います。
こっちは丸洗いというわけには行かないので、アルコールタイプのウェットティッシュで拭くのがおすすめ。

エルモア 除菌ウエットティシュー アルコールタイプ 80枚

エルモア 除菌ウエットティシュー アルコールタイプ 80枚

ちなみに私は、家にたまたま無水エタノールがあったので、紙にしみこませて拭きました。
油汚れには無水エタノール最強。

無水エタノールP 500ml

無水エタノールP 500ml

4.キートップをはめる

あとは、しっかりと乾かしたキートップをはめるだけ。
はめるときも、外すときと同様に、まっすぐ上からはめましょう。

ちなみに、大き目のキーには下の写真のような針金がくっついています。
これは本体にはめるところがあるので、まず針金部分をひっかけて、そのあとキートップをはめるようにしましょう。
他のキーよりも先に、この針金付のキーをはめることをおすすめします。
ちなみに我が家では、エンター・スペース・シフトキーにこの針金がついてました。

f:id:dett0826:20160221232830j:plain

いやーさっぱりした。