コスパ重視で生きたい人生だった

なるべく楽して生きて行きたい30代サラリーマンのブログ

鉄腕ダッシュを見て、うまみ成分について賢くなった。気がする。

f:id:dett0826:20160323004636j:plain

鉄腕ダッシュで作っていた、世界一うまいラーメン。
結構長い間、食材を集めたりなんやかんやと続いていたんだけれど、この前ようやく完成していました。

あーうまそうだな~と思いながら見ていたんですが、その中でひとつ勉強になったので、備忘録的に記事残しておきます。

それは、おいしい出汁やスープなどの構成要素。

グルタミン酸+イノシン酸の組み合わせがいいんですって

たぶん、料理が得意な人には知ってて当然の知識なんだろうけど、自分は勉強になりました。
うまみ成分であるグルタミン酸やイノシン酸っていうのは、複数掛け合わせることで、よりおいしくなるそうな。

今まで、鍋とか味噌汁とかのだしをとるときには、昆布だけ、とか、煮干だけ、とか、そういうのが多かったんです。
でもそれだと、グルタミン酸だけ、とか、イノシン酸だけ、って感じになっていて、おいしいけれど、後一歩みたいな。
これからは意識して二つを組み合わせようと思った。

ちなみに、グルタミン酸は昆布や白菜、トマトといった野菜や海藻類に、
イノシン酸は煮干や鰹節、豚肉といった肉・魚介類に多く含まれるそうな。

詳しい解説はこちらがわかりやすいと思う。
「うま味」の成分


二つのうまみ成分を組み合わせた料理たち

卵かけご飯

卵のイノシン酸と醤油のグルタミン酸

鰹節ご飯

鰹節のイノシン酸と醤油のグルタミン酸

ナポリタン

ソーセージのイノシン酸とトマトのグルタミン酸
www.hibiomosiro.com

とか、シンプルだけれどなぜかおいしい料理って実はそういう組み合わせがあるんだな~と。感心。

だし・うま味の事典

だし・うま味の事典