コスパ重視で生きたい人生だった

なるべく楽して生きて行きたい30代サラリーマンのブログ

インターネットにつながらないときに、コマンドプロンプトで原因を調べる方法

f:id:dett0826:20131210003135j:plain

パソコンがインターネットにつながらない!
でも、原因がわからない!
ってこと、たまにありますよね。
そういう時、世の中の大部分の人は「詳しい人に聞く」が解決策になると思いますが、コマンドプロンプトに関するちょっとした知識があれば、ある程度自分で原因を究明して、解決することができます。

想定するインターネット環境

一般的な家庭のインターネット環境。
パソコンにケーブルをつなげて、ブロードバンドルータ等を設置している形態。
そして、そんなパソコンでインターネットにつながらない状態。(Googleが開かない、等)
Googleは開くけど、ある特定のページだけ開かない、という場合には、その特定のページに障害が発生している可能性が高く、赤の他人にどうこうできるものではないので、時間をおいてアクセスしましょう。

大き目の会社でProxyを利用している場合等は、この方法が役に立たないと思います。

Step1 自分の端末のIPアドレスを確認する

インターネットにつながらないとき、まずは自分の端末がインターネットにつながる状態にあるか確認するのが最初です。
そんなときに役立つコマンドが「ipconfig」
このコマンドを打てば、以下のような表示があるはず。

C:\Users>ipconfig
イーサネット アダプター ローカル エリア接続:

接続固有の DNS サフィックス . . . :
リンクローカル IPv6 アドレス. . . . : fe80::b89c:****
IPv4 アドレス . . . . . . . . . . : 192.168.11.4
サブネット マスク . . . . . . . . : 255.255.255.0
デフォルト ゲートウェイ . . . . . : 192.168.11.1

ここでローカルエリア接続のIPv4アドレスの項目で、IPv4アドレスが表示されていればOK。Step2の確認へ進んでください。

表示されていなければ、主には以下の原因が考えられます。(もちろん、これだけではありませんが)
 ①ケーブルがつながっていない
 ②ブロードバンドルータの電源が入っていない

Step2 デフォルトゲートウェイへpingを打ってみる

Step1でOKであれば、次はデフォルトゲートウェイへPingをうってみましょう。
Step1で表示された「192.168.11.1」です。

C:\Users>ping 192.168.11.1

192.168.11.1 に ping を送信しています 32 バイトのデータ:
192.168.11.1 からの応答: バイト数 =32 時間 =1ms TTL=64
192.168.11.1 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=64
192.168.11.1 からの応答: バイト数 =32 時間 =1ms TTL=64
192.168.11.1 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=64

192.168.11.1 の ping 統計:
パケット数: 送信 = 4、受信 = 4、損失 = 0 (0% の損失)、
ラウンド トリップの概算時間 (ミリ秒):
最小 = 0ms、最大 = 1ms、平均 = 0ms

上記の通り、損失が0であれば問題ありません。Step3の確認へ。

損失が0以外であれば、問題ありです。
ぶっちゃけここでひっかかると、原因はややこしい場合が多いです。
とりあえずは、ブロードバンドルータとPCを再起動してみましょう。
それでもだめだった場合は。。。がんばってください。

Step3 インターネットへPingを打ってみる

Step2まで大丈夫であれば、自分の家の中に問題がある可能性は低いです。
次は家の外、インターネットにつながっているかの確認のため、pingを打ちます。
8.8.8.8宛へpingを打ちます。
この際8.8.8.8が何か、深く考えなくても大丈夫ですが、詳しく知りたい方は「Google Public DNS」を調べてください。

C:\Users>ping 8.8.8.8

8.8.8.8 に ping を送信しています 32 バイトのデータ:
8.8.8.8 からの応答: バイト数 =32 時間 =12ms TTL=55
8.8.8.8 からの応答: バイト数 =32 時間 =35ms TTL=55
8.8.8.8 からの応答: バイト数 =32 時間 =20ms TTL=55
8.8.8.8 からの応答: バイト数 =32 時間 =35ms TTL=55

8.8.8.8 の ping 統計:
パケット数: 送信 = 4、受信 = 4、損失 = 0 (0% の損失)、
ラウンド トリップの概算時間 (ミリ秒):
最小 = 12ms、最大 = 35ms、平均 = 25ms

上記の通り、損失が0であれば問題ありません。Step4の確認へ。
損失が4であれば、ISPとの接続に問題ありです。
とりあえずは、ブロードバンドルータを再起動してみましょう。
それでもだめなら、しばらく時間を置いて再度試してみてください。
あるいは、ブロードバンドルーターのID、パスワードの設定を見直してみるとか。

時間を置いても解決しないんのであれば、契約しているISPに確認するのが早いかも。
過去に友達に助けを求められたときに、ここでひっかかり、確認の結果ISPの契約が切れていたということがありました。

Step4 DNSで名前解決を試みる

Step3までOKであれば、次はDNSで名前の解決を試みてください。
nslookupコマンドが役立ちます。

Step4-1

C:\Users>nslookup google.com
サーバー: UnKnown
Address: 192.168.11.1

権限のない回答:
名前: google.com
Address: 216.58.221.174

上記のうち以下の2行がちゃんと表示されていればOK。

名前: google.com
Address: 216.58.221.174

Step4-2

表示されていない場合は、さらに以下のコマンドを試してみてください。

C:\Users>nslookup google.com 8.8.8.8
サーバー: google-public-dns-a.google.com
Address: 8.8.8.8

権限のない回答:
名前: google.com
Addresses: 2404:6800:400a:806::200e
216.58.196.238

上記のうち、やはり以下の2行が表示されていればOK。

権限のない回答:
名前: google.com
Addresses: 216.58.196.238

Step4-1 ×
Step4-2 ○
の場合、利用しているISPで障害が発生しているor自分のPCの設定が間違っている可能性が高いです。
「DNSの設定」でぐぐって見直してみてください。

Step4-1 ×
Step4-2 ×
の場合、たぶん素人での解決は困難です。
詳しい人に声をかけましょう。

Step4-1 ○
Step4-2 ×
このケースはおそらく発生しえないと思います。
発生した場合は、詳しい人に声をかけましょう。

以上、インターネットにつながらないときの調べ方でした。
一応思いあたる主な原因をかいては見たものの、実際にはもっといろいろな原因が複雑に絡み合って発生することも多いので、参考程度にみてください。

ネットワーク超入門講座 第3版

ネットワーク超入門講座 第3版