コスパ重視で生きたい人生だった

なるべく楽して生きて行きたい30代サラリーマンのブログ

頭皮の皮脂がすごいボクが、一番いいと思った対策

f:id:dett0826:20160713202938j:plain

夏です。
この時期になると、頭皮の脂がすごくて、毎年悩みます。
夜にお風呂に入って、朝に起きるとすでに髪が脂っぽくて、仕事から帰る夕方にはべたべた・・・という感じ。
仕方がないので、お風呂は朝に入って、せめて家の外にいるときにはさっぱりした髪でいられるように生活していました。

美容院でも、「脂すごいっすね~。クレンジングシャンプー使ったほうがいいですよ!」と勧められて、いくつか試したものの・・・効果はあるんだかないんだかという。
そんなボクですが、今夏に試した方法が意外によかったので、紹介します。

頭を湯船につけて、毛穴の脂を浮かして洗う!

手順は以下の通り。
1.一回普通に頭を洗って、表面の脂をあらかた落とす。
2.重曹を溶かした湯船に頭をまるごとつけて、10分~15分。
3.もう一度頭を洗う。
以上。簡単。

国産重曹 5kg【食品添加物】掃除・洗濯・お料理・エコ洗剤 食用なので安心

国産重曹 5kg【食品添加物】掃除・洗濯・お料理・エコ洗剤 食用なので安心


普通に頭を洗うだけだと、どうも頭皮までシャンプーが届いていないみたいで、洗った直後に頭皮を触るとすでに脂っぽい感じ。
もう一度シャンプーするとその傾向は若干ましになるものの、しばらくすると脂っぽくなってきます。

ということで、原因は毛穴に詰まった脂ではないかと仮定して、上記の方法を考えました。
効果は上々、昨年までに比べると、だいぶすっきりしてます。
また、この方法は毎日は必要なくて、ボクの場合は週に2回くらいやれば、十分効果があるように感じます。
たぶん個人差があるんだろうな~。

あとは、重曹を使いすぎると、必要な脂までとってしまって逆効果説もあるので、ご注意ください。

湯船に頭をつける姿は間抜け

ちなみに、湯船に頭をつけるのは結構難しいです。
普通にやると、仰向け状態になりますが、これだと頭の後ろ半分くらいしかつからなくて、一番脂が気になる頭頂部~前頭部がつかりません。
前部分をつけようとすると、前かがみ状態になりますが、この姿勢を長時間はきつい。

ということで、仰向け状態をさらに倒して、背泳ぎ状態でつけるのが個人的にはしっくりきてます。
この姿勢になると、広いお風呂ではないので足の大部分ととちん○は湯船から出ちゃってる状態です。

逆に耳は完全に水没状態。気になる方は水泳用の耳栓でもつけたほうがいいかも。
口もほぼ水没状態なので、鼻詰まりの人は大変かも。。。

という感じで、同じ悩みを抱えている人はだまされたと思ってぜひ一度お試しください。

スイムプラグ(耳栓)4P

スイムプラグ(耳栓)4P