コスパ重視で生きたい人生だった

なるべく楽して生きて行きたい30代サラリーマンのブログ

インターネットの利用におけるパソコンとスマホの比率はこう変化してきている!

f:id:dett0826:20160718145648j:plain

最近スマートホンが普及してきて、家でインターネットをする時にもパソコンを使わないという人や、そもそも家にインターネットを引いていない人が多いという話をよく聞くようになりました。
(最近といってもここ1-2年の話ですが)

では実際のところ、みんなはインターネットをするときは何を使っているのか?ということを調べてみました。
元ネタはこのサイトのアクセス解析。


過去3年のパソコン、スマホからのアクセス比率の変化

まずは結論から。
このサイトのGoogleAnalyticsのデータから、以下のグラフを作りました。
このサイトのパソコン、スマホ、タブレットからのアクセス比率の変化。


結論として、現在のこのサイトの比率はパソコン:スマホ=1:1程度の半々です。
2015年の1月ごろまではスマホ約7割に対してスマホ約3割だったのが、2015年1月以降モバイルの比率が伸びて、今や半々。
一例ですが、時代はそんな感じです。
このブログは注目記事からもわかる通り、コマンドプロンプト系の記事がアクセスを集めていて、そんな記事はスマホからよりパソコンから検索する人が多いと想像します。が、それでもスマホとの比率は1:1ですからね~。それ以外のテーマだとスマホの比率が高くなるのは想像に難くありません。

それを裏付けるデータとして、全然別のサイト(旅行系サイト)で同じデータを見てみると2013年の夏ごろからスマホ比率が伸びていました。
2016年現在はパソコン:スマホの比率は1:2!

というわけで、今やパソコンよりもスマホからネットをする時代に完全に切り替わってるます。

スマホからのアクセスを集めるために必要なこと

スマホからのアクセスを集めるために必要なことはなんだろう?を浅く考察してみます。
このサイトのスマホ比率が上がりだしのが2015年1月以降。
この時期に何をやったかというと、はてなダイアリー→はてなブログへ引っ越しを行った時期とちょうど重なります。
はてなダイアリーはスマホ用のテンプレートがなかったり、その他もろもろの事情があってはてなブログへ引っ越しました。
その際に、テンプレートもスマホ対応のものにしました。

想像ではありますが、スマホ対応のテンプレートを利用することがスマホからのアクセス増に貢献しているのは間違いないでしょう。
Googleの検索結果もスマホ対応ってでるようになっているし、スマホ対応サイトのほうが検索上位に表示されるアルゴリズムに変わっているはず。

というわけで、これからの時代、アクセスを集めたいのであればスマホ対応のテンプレートにしましょう。
(と偉そうに言ってみましたが、これってしばらく前から言われています・・・その内容の再確認ということで)

Googleがスマホ未対応サイトを見限る日

Googleがスマホ未対応サイトを見限る日