コスパ重視で生きたい人生だった

なるべく楽して生きて行きたい30代サラリーマンのブログ

和歌山県の南端、紀伊大島の白野海水浴場へいってきた

f:id:dett0826:20160821154654j:plain

どうも。ぼくです。
ぼくの実家は富山県の田舎のほうにありまして。
海にも近く、夏になると友達誘い合って自転車で泳ぎにいったりしてました。
ただ、海水浴場というものは家の近所にはなくて、ただの海岸で泳ぎます。
貸し切り状態。

そんな環境で育ったせいか、どうも混雑した海水浴場というものに馴染めません。

今年も夏だ!海だ!と思ったわけですが、大阪からいける海水浴場ってどこも混雑。
かといって、あまり詳しくないエリアでその辺の海に入る勇気もなく。
和歌山の南端まで泳ぎにいってきました。

紀伊大島は大阪から200km以上、約3時間

紀伊大島は本州最南端である潮岬のすぐ隣にある島です。島とはいいつつ、橋でつながっています。
大阪からは阪和自動車道を通って約3時間。
関西の人気海水浴場、白浜海水浴場からさらに1時間かかる計算。

さすがにここまでくれば、人も少ないだろう!ついでに、海もきれいだろう!という予想です。
白浜とかは、人気なぶん人がめっちゃ多いですからね。

本州と紀伊大島を結ぶ「くしもと大橋」を渡ると白野海水浴場はすぐそこです。
が、道が細くて、「ほんとにこんなところに海水浴場なんてあるの?」って感じですが、あります。そこにあります。

ナビによっては名前や住所を入れても目的地にでてこないことがあるので、そのときにはGoogleマップにナビをお願いするほうが確実です。

予想通り、のんびりな雰囲気の白野海水浴場

で、実際のところ予想通りにのんびりな雰囲気でした。
訪れたのがお盆も終わりかけの平日だったこともあるかもしれませんが、駐車場にある車は10台未満。
そこそこ海水浴場を見回しても、人影はまばら、という感じ。

f:id:dett0826:20160821154715j:plain

料金は、
 ・駐車料金 : 500円/1台(時期によって変動あり)
 ・温水シャワー : 200円/5分
 ・更衣室 : シャワーに併設、更衣室のみの利用は不明
という感じ、良心的。
キャンプも可能。

海の家はありませんが、自販機はあります。

砂浜よりは磯場という雰囲気が強い

f:id:dett0826:20160821154654j:plain

写真を見てもわかりますが、砂浜がきれいな南国ビーチ!って感じではなく、磯場が半分くらいを占める海水浴場です。
海の中も、こぶし大~の石がごろごろという感じ。マリンシューズ必死です。
この裏側はこんな感じで磯場になっています。

f:id:dett0826:20160821154740j:plain

その分魚はたくさんいるので、生き物目当ての人にはおすすめな海水浴場です。
砂浜できゃっきゃうふふとビーチバレーを楽しみたいような人にはおすすめできませんね。
海水浴場のすぐ横には漁港があるので、海水浴に飽きたら釣りをする、という楽しみ方もできます。

この日は台風によるうねりが入ってきており、海の透明度はいまいちでした。
普段はきれいらしいですよ。
f:id:dett0826:20160821154857j:plain
f:id:dett0826:20160821154902j:plain

www.youtube.com


こんな感じの白野海水浴場でした。
決して設備が整っているという感じではありませんが、必要最低限の設備はあり、生き物も多かったので、個人的にはまた来たい海水浴場です。

今回もこの記事の装備でいってきました。

www.cospa14.com