コスパ重視で生きたい人生だった

なるべく楽して生きて行きたい30代サラリーマンのブログ

イルカに100%出会える島「御蔵島」へ日帰りで行ってきた

f:id:dett0826:20160824000707j:plain

どうも。ぼくです。
夏休みも終わり、月曜から働いています。
とんでもなく気分が乗りませんが、なんとか重たい体を引きずって出勤しています。

明日もがんばるため、楽しかった夏の思い出を振り返り、鋭気を養いたいと思います。

この夏休み、東京の離島である御蔵島へいってきました。
この島、イルカに100%会える島として有名です。

台風直撃、日帰り離島旅行

今回、御蔵島へは2泊3日で行く予定でした。
が、残念ながら台風があのあたりを直撃の予報。
ぼくは最悪帰れなくなってもいいや、というか、むしろ1週間くらい島に缶詰で現実逃避をしたいくらいでした。
ところが一緒にいく友人は、帰れないと仕事にいけないのでまずい!というので、日程を変更し泣く泣く日帰りに。

御蔵島へは東京は竹芝港から船でいきます。
片道7時間以上。

行きは22時30分に出港。
御蔵島への到着が6時。
船はそのまま八丈島まで行き、折り返してまた御蔵島によってくれます。
その時刻、12時30分。そして東京へ着くのが20時45分です。8時間15分。

船での移動が15時間以上、滞在時間はわずか6時間半。というなんとも強行日程。

ちなみに、今回は船で御蔵島へいきましたが、御蔵島から近い三宅島からの三宅島発のドルフィンスイムもあります。
三宅島であれば調布飛行場から1日3往復飛行機が飛んでいるため、船に比べるとアクセスがだいぶよくなると思います。

ドルフィンスイム

f:id:dett0826:20160824000847j:plain
ドルフィンスイムへは、漁船のさらに小さいような船でいきます。
見知らぬカップルと、船長、ガイド、あとはぼくら2人の合計6人。
ほんとうはあと7人くらいくる予定だったけれど、台風がくるからみんなキャンセルになったそうで。
おかげでゆったり船上をすごせてある意味よかった。

100%イルカに会える島の名の通り、港を出港して5分10分くらいで第一イルカ群れに遭遇。
ほかのツアー船も何隻かでていて、お互い安全な距離(お互い100m以内には近寄らないというルールがあるらしい)を保って航行。

イルカの群れが進む方向へ先回りして、海へどぼん。
あとは海中からイルカを探す感じです。

これをひたすら繰り返し、ときにはからぶったり、ときにはイルカに超接近したり、といったことに一喜一憂しながら2時間のツアー終了。
トビウオの飛ぶ姿も見れて、満足。

ツアーが終わった後は島のごはん屋さん(そのとき唯一営業していたごはん屋さん)でジェラートを食べ、船を待ちました。

とまあ、イルカと泳いで終わった旅だったので、たいして書くこともありません。
動画にしてみたので、そっちのほうが雰囲気伝わると思います。
暇な人はご覧ください。

www.youtube.com