コスパ重視で生きたい人生だった

なるべく楽して生きて行きたい30代サラリーマンのブログ

日本酒素人なぼくが、これから日本酒を覚えたい人におすすめする日本酒の始め方

f:id:dett0826:20160919220543j:plain

どうも。ぼくです。
一人の日曜日(あるいは連休最終日)の夜は、簡単なおつまみを作って明日が永遠に来ないように祈りながらの晩酌というのがここ最近の定番です。

そんなぼくですが、ここ1-2年でお酒の好みも変わってきました。
10年前 缶チューハイ、カクテル
8年前 ビール、梅酒
3年前 ハイボール
ここ1-2年 日本酒
という感じです。
こうやって書き出してみると、確実におっさん化してきてますね。

最近手を出し始めた日本酒。
5年位前までは、いかにもお酒!という印象があって、飲むことは全然なかったんですが、なんやかんやで日本酒もおいしいと思うようになりました。

完全素人なぼくが、これから日本酒を嗜んでみたいという人に向けた、素人目線な日本酒紹介記事です。
間違いがないように書いているはずですが、心配な方は確かな情報に当たってください。

目次

はじめて日本酒を飲むなら、ここに注意

日本酒を飲まない人からすると、日本酒はいかにもお酒お酒していて、おっさんの飲むお酒というイメージが強かったり、あるいは悪酔いしそうというイメージがあったりで、どちらかというと上級者(?)向けのお酒、という感覚だと思います。
が、実はそんなこともなくて、ポイントを押さえていれば、おいしくに楽しめるお酒ということに気づきました。
そんな日本酒をはじめて飲むときに、失敗しないための注意点は次の4つのポイントがあります。

その1.日本酒の品ぞろえが豊富な店で飲む

チェーンの居酒屋に置いているような日本酒と一くくりで提供されるものは所謂安酒で、日本酒初心者にはおすすめできません。
身も蓋もありませんが、うまい酒を飲みたければお金をだすべし!です。
とはいっても、そんなめちゃめちゃ高いお酒を飲む必要はなくて、お店にもよりますがグラス(90ml)500円~600円くらいだせば十分おいしいお酒にありつけます。
日本酒の品ぞろえが豊富なお店であれば、店員さんに「さっぱり飲みやすいやつ。」と頼めば、いい感じの日本酒が出てくると思います。

ぼくが最近飲んだ中では、定番ながら「獺祭」と「十四代」が飲みやすかったです。

その2.日本酒度(辛さ)は低いやつを選ぶ

おじさま世代だと、日本酒は辛いやつがいいお酒というイメージが強いようですが、辛い日本酒はお酒っぽさが強くて、初心者にはあんまり向いていないと思います。
メニューから選ぶ場合には、辛口表記がないやつを選ぶのがいいでしょう。
ちなみに、日本酒の日本酒度=辛口は含まれている糖分の多さによって決まり、糖分が少ないほど辛口になります。そのため、個人的には辛口=お酒っぽさ・アルコールっぽさを強く感じる、という印象が強いです。

その3.迷ったら高いやつ(純米大吟醸)にしとけ

日本酒って感じのややこしい名前がついているのがまたハードルが高い要因な気がします。
でも、次の簡単なルールさえ覚えておけば、なんとかなります。

日本酒の原材料を示す「純米」と「純米じゃないやつ」、これは一般的には純米のほうがおすすめです。
純米表記がないやつには、醸造アルコールが入っているので、アルコールっぽさが強くなる印象。

日本酒の作り方を示すのが、
  「純米大吟醸」、「純米吟醸」、「特別純米酒」、「純米酒」(純米の場合)
  「大吟醸酒」、「吟醸酒」、「特別本醸造酒」、「本醸造酒」(純米じゃない場合)
です。
基本的には左のほうが高くて(≒いいお酒)、右のほうが安いです。
もちろん銘柄によってもお酒の値段は大きく変わりますが、同じ銘柄であれば、純米大吟醸のほうが高いです。

他にも「ひやおろし」だとか「原酒」だとか「原酒」だとかいろんな用語がありますが、知らなくてもなんとかなります。たぶん。
あえていうなら、「にごり酒」「おり酒」といわれるやつは、飲みやすいものが多い気がしますので、メニューにあればお試しください。

その4.飲み方は店員さんのおすすめにしとけ

日本酒は飲み方もいろいろです。
「熱燗」「ぬる燗」「常温(ひや)」「冷酒」(左から温度が高い)
が主な飲み方。

吟醸酒は「ひや」か「冷酒」で飲むことが多いですが、素人が飲み方を指定するのは無粋なもの。
店員さんにお任せしときましょう。

個人的な印象では、日本酒をそこそこ置いている(が、メニューを取りにくるのは学生バイト)お店はだいたい冷やした日本酒をだしてきます。
これがもうちょっと拘ったお店になると、お酒に合った飲み方を教えてくれることが多いような気がします。
そんなわけで、ぼくが行くような価格帯のお店だと、日本酒を頼むと冷酒になることが多いですが、熱燗、ぬる燗もおいしいですよ。
メニューに、「熱燗(ぬる燗)がおすすめ」って書いてある日本酒があれば、ぜひ頼んでみてください。


まずはこのあたりを押さえて、飲んでみてください。
あとは、経験です。一口に日本酒といっても、味はさまざまで、自分の好みにあった日本酒が見つけるのが、日本酒ビギナーの楽しみだと思います。

家で日本酒をおいしく飲む方法

いきなりお店で日本酒を頼むのはハードルが高い!って人は、まずは家で飲むのがおすすめです。
家で日本酒をおいしく飲むためには、次のポイントに気を付けましょう。

その1.おいしいお酒を買ってくる

当たり前ですが、これが一番大事です。
ぼくがスーパーで日本酒を選ぶ際に注意しているのは、
 ・紙パックの日本酒には手を出さない
 ・カップ酒にも手を出さない
 ・400円~500円くらいの300ml瓶か1000円ちょっとの720ml瓶を選ぶ
 ・辛口表記は選ばない
というところです。
ぼくは素人なので、銘柄を見てもよくわからないんです・・・
はじめてであれば、小さめの瓶を選べばたとえ失敗してもダメージが小さいので、おすすめ。
ぼくが最近スーパーで買った中では、「上善如水(じょうぜんみずのごとし)」や「立山」が飲みやすかったですね。

その2.おいしい肴を用意する

おいしく日本酒を飲めるかは、酒の肴にかかっているといっても過言ではありません。
ぼくが日本酒とともにつまむのが好きな酒の肴は、
 1位 おでん
 2位 カツオのたたき
 3位 サンマ塩焼き
 4位 冷奴
 5位 なすの煮びたし
です。和食っぽい料理があうと思います。
逆に油っぽい料理、味が濃い料理と日本酒は相性悪い気がします。(中華とか焼肉とか)

その3.飲み方を工夫する

家飲みの場合、周りの目がないので、自分の好きなように飲むことができるのがメリットです。
日本酒が苦手な方におすすめなのが、
 ①日本酒をロックで飲む
 ②日本酒ハイボールにする
の二つです。

①日本酒のロックはグラスに氷を入れて、日本酒を注ぐだけ。
氷がちょっと溶けてアルコール度数が下がるとともに、味もまろやかになって飲みやすくなります。たぶん。
これ、日本酒苦手な人におすすめですよ。

②日本酒ハイボールですが、グラスに日本酒を注ぎ、炭酸水で割る。日本酒1に対して炭酸水も1の割合。
あとは好みでレモンやライム果汁を入れたり。これだけ。
これをやると、日本酒っぽさがだいぶなくなるので、日本酒が好きな方にはおすすめできませんが、まずは日本酒に慣れたい!といった人には、おすすめな飲み方です。かなりさっぱりした飲み口になります。

ライム果汁は普通のスーパーじゃ売っているのを見かけたことがないので、amazon等で購入するしかありませんでした。

どちらの飲み方も、日本酒のプロからすると、邪道!と思われる場合があるので、慣れないうちは家で飲むときだけに留めておくのが無難だと思います。
ちなみに、ぼくが家で飲む場合にはもっぱら①の日本酒ロックですね。

その他の日本酒の楽しみ方

酔わない工夫をする

日本酒は後から来る、とよく言われますが、ぼくも一回死にかけたことがあります。
冷酒がおいしくて、がぶがぶ飲んでいました。飲んでいるときはなんともなかったんですが、家にかえってすぐグロッキーに。
その日は気持ち悪くて寝れず、ひどい思いをしました。

それから、自分なりに調べたり、経験したりした結果、冷酒を飲むときはゆっくり。
できれば水と一緒に。可能であれば温かいものと一緒に。さらに可能であれば、糖分(炭水化物)と一緒に。
というところを注意しています。

あとはお酒が体内で分解されるためには、ある程度温かくならないと分解されないらしく、特に冷酒を飲むときには体温が下がりすぎないようにも気を付けています。

旅行のお土産にお猪口を買ってみる

最近、旅行に行ったときにその土地ならではのお猪口を買って帰るようにしています。
そのお猪口を使って日本酒を飲むと、旅行のことが思い出して楽しくお酒が飲めます。
いいですよ、これ。
お猪口ってそんなに高いものでもないですし。

ぼくが大阪で日本酒を覚えたお店

最後に、ぼくが日本酒を覚えたお店を紹介します。
ここで紹介するお店で飲んだ日本酒がおいしくて、それからちょっとずつ飲むようになりました。
ちなみにその時に飲んだ銘柄は既に覚えていません。

ひもの野郎(梅田等)

ひもの専門店。ひものと日本酒ってめっちゃあいます。
そして、日本酒の品ぞろえも豊富。飲み比べセットもあったりして、日本酒ビギナーでもちょっとずついろいろな日本酒を試せるのがうれしい。
週末の夜に行くのであれば、予約必須。第四ビル店よりもナビオ店のほうがすいているっぽい。
[食べログ]アクセスが制限されています
[食べログ]アクセスが制限されています

和酒 吟蔵(福島)

福島の裏路地にある日本酒が豊富な和食系居酒屋。
日本酒にあう料理がたくさんで、うまい。雰囲気もいい。
日本酒も豊富なので、イメージを伝えるとそれっぽい日本酒を店員さんが紹介してくれます。
週末の夜は予約必須。
和酒 吟蔵 - 福島/居酒屋 [食べログ]

えべっさん

大阪市中央卸売市場直営の居酒屋。
新鮮な魚介類が食べれます。しかも安い。
遅い時間に行くと、売り切れになるメニューも多いので、早めの時間にいくのがおすすめです。

[食べログ]アクセスが制限されています