コスパ重視で生きたい人生だった

なるべく楽して生きて行きたい30代サラリーマンのブログ

城崎温泉で但馬牛とカニを同時に楽しむなら、幸楽園は悪くなかった

f:id:dett0826:20170226161412j:plain

どうも。dettです。
先日、嫁の家族と城崎温泉にいってきました。

カニを楽しむのがメインの旅ではありましたが、合わせて但馬牛もプランに入っていて、一度で二度おいしい旅でした。

嫁の家族との旅行ということで、じゃっかん気疲れはしましたが、まあまあ楽しめました。

その際に宿泊したのが、幸楽園というお宿。
見た目がかなりぼろく、「これ大丈夫か」と思いましたが、泊まってみれば悪くはない宿でした。

城崎温泉「幸楽園」のいいところ

その1 津居山カニ(松葉ガニ)が腹いっぱい食べられる

f:id:dett0826:20170226162300j:plain

今回ぼくらのコースでは、カニスキがでてきました。
写真の量で5人前。ぱっと見少なく見えるかもしれませんが、一人一杯あって、腹いっぱい食べれました。
旅館のご主人が自分でカニを見て仕入れられているようで、(そんなにカニレベルは高くないぼくから見ると)いいかにでした。
安いカニって、身がすかすかなイメージがあるんですが、このカニはしっかり詰まっていました。

締めは雑炊。カニの出汁がたっぷりしみ込んだごはんがおいしいです。

その2 但馬牛の焼き肉がめっちゃうまい

f:id:dett0826:20170226161412j:plain
コースについていた但馬牛の焼き肉。
めっちゃうまいです。
カニがメインの旅でしたが、むしろこっちのほうがうまかったんじゃないかっていう。
柔らかくて、肉を食べてるという感じもして。

量はそんなに多くはないですが、30も半ばの胃袋には脂っこくなりすぎないちょうどいい量でした。

その3 (見た目は古臭さがるけれど)掃除は行き届いていて、不快感がない

見た目は若干の古臭さを感じる建物でしたが、館内は綺麗です。
部屋もお風呂場も掃除が行き届いていて、不潔に感じることはなかったです。

時々、ぼろぼろの旅館を引いてしまうときありますが、あのときの絶望感ったら半端ないですからね・・・
温泉も気持ちよかったです。
ただ、城崎温泉は外湯めぐりが主なので、旅館の温泉はあまり気にしない人も多いのかも。

その4 仲居さんが気さく

仲居さんが気さくなお宿でした。
この旅館がきれいだったころからずっと務めてるんじゃないかという雰囲気の人が多かったです。
どの方も、気さくに対応してくれて、好感度あり。

城崎温泉「幸楽園」のいまいちなところ

その1 設備の古さが気になる

トイレなんかがもろに昭和という感じで、今の時代の快適なトイレになれている人にはちょっと気になるかも。ならないかも。
汚くはないですが、古臭さと狭さを感じます。

その2 温泉街からちょっと離れている

幸楽園は駅からちょっと距離があります。
徒歩10分~15分程度。
冬なんかは、外湯めぐりをして帰ってくるときに湯冷めを心配する距離。
自転車のレンタルがあるので、暖かい季節にはサイクリングしながら外湯めぐりがよさげです。
冬に行かれる方は、防寒具をしっかり持って行ったほうがいいです。


とまあ、こんなかんじで、個人的にはまあまあ満足のいくお宿でした。