コスパ重視で生きたい人生だった

なるべく楽して生きて行きたい30代サラリーマンのブログ

共働きだとルンバ便利すぎ

f:id:dett0826:20170409011958j:plain

どうも。dettです。
新居に引っ越して5か月がたち、すっかり新しい生活にも慣れました。

引っ越すにあたり、家具家電をいろいろ新調してみましたが、その中で一番買ってよかったな~と思ったのは、ルンバです。

いやーこれ、まじ便利です。
ぼくはズボラで、定期的に掃除機をかけるというのが苦手です。
そんな我が家を勝手に掃除してくれる、ルンバ。
値段は張りましたが、いい買い物をしました。

ルンバのおすすめなところ

その1 掃除機を(ほぼ)かけなくてもいい

もう、これが一番大きいです。
今は二人暮らしなので、3LDKの部屋に住んでいますが、すべての部屋に掃除機をかけようと思うと、結構時間がかかります。
特に平日はお互い仕事で帰りが遅いため、掃除機をかけることができません。

週末にやろうとしても、疲れていたり、どこかにでかけたりすると、毎週というわけにもいきません。
が、ルンバならぼくが仕事をしている間に、部屋をきれいにしてくれます。
それも毎日。

引っ越し後4か月で、部屋を掃除機かけたのは2回くらいです。
基本はルンバでOK!

あとは、たまに気になる隅っこを掃除機やクイックルワイパーなんかできれにしてあげれば大丈夫。

その2 電気代が普通の掃除機よりも安い

ルンバは電気代がめっちゃ安いです。
フル充電には約3時間かかりますが、充電時の消費電力が約33Wh。
電気代に寒山すると、3時間で約2.3円。
ということは、毎日動かしても1年で840円

充電時消費電力:33Wh
フル充電にかかる時間:約3時間
1Whあたり:0.023円(関西電力従量電灯A)
 33Wh×3時間×0.023円=約2.3円

ちなみに、一般的な掃除機は1000Whです。
1回30分の掃除機を週2回行った場合、

 1000Wh×0.5時間×104回×0.023円=1196円

となります。
ルンバのほうが毎日掃除してくれて、しかも安い。

ルンバのいまいちなところ

その1 床に物が多いと掃除できない

床にものが多い家ってありますよね。
衣服、タオル、雑誌、スマホの充電器、etc。
ルンバはそういうものがあると、うまく掃除できません。
時には巻き込んでしまって、停止してしまいます。

逆に言うと、ルンバを購入すると、部屋をきれいに片づけなければという意識が働いて、部屋をきれいに保てるというメリットもあります。

その2 細かい部分は掃除できない

ルンバはそれなりに大きさがあるので、細かい部分には入り込めず掃除ができません。
我が家で気になった個所は、

  • 机の下
  • 扉の裏側

です。
こういったところは、埃がたまってきます。


我が家では気になったときに、クイックルワイパーなんかで一拭きしてます。

その3 段差を乗り越えれない

ルンバは段差を乗り越えれません。
多少の(例えば、絨毯なんかは)乗り越えて掃除をしてくれますが、2cm以上の段差があるものは乗り越えれません。

例えば、部屋と部屋の間に2cmよりも高い敷居がある場合には、ルンバは行き来できませんのでご注意ください。
ちなみに我が家は、大きな段差がなかったため、ルンバは家の中をどこでも行き来可能です。

また、玄関に段差があると落下してしまうので、こちらも注意が必要。
ただし、落下しないための器具も販売しているので、大丈夫です。

その4 高い

これが一番ハードル高いかもしれません。
ルンバ、結構高いです。
モデルにもよりますが、最安の600シリーズで約3.5万円。

【国内正規品】 iRobot ロボット掃除機 ルンバ 622 ホワイト

【国内正規品】 iRobot ロボット掃除機 ルンバ 622 ホワイト

上位モデルになると、
800シリーズが約5.5万円。

iRobot Roomba 自動掃除機ルンバ875A シルバー 【日本仕様正規品】 875A

iRobot Roomba 自動掃除機ルンバ875A シルバー 【日本仕様正規品】 875A

900シリーズが約11万円。

その5 維持費もまあまあかかる

バッテリーが1万円。(公式では1.5年程度で交換推奨)
ブラシセットが7560円。
フィルタが2枚で3240円。

4か月で交換はまだ必要なさそうですが、一般的な紙パックの掃除機よりは維持費がかかることは間違いありません。

その6 まあまあうるさい

ルンバは、結構音がします。

掃除機をかけるよりは静かですが、部屋でテレビをみているときに横で動いていると気になるレベル。
我が家は家にいるときには、基本的にはルンバを動かしていません。
そのため、専業主婦のようなずっと家にいる人がいる場合には、気になるかもしれません。

まとめ

とまあこんな感じです。
まとめると、

  • 掃除をする時間を節約したい
  • そもそも掃除をするのが面倒
  • 掃除をする時間があまりとれない

という人にはお勧めです。

  • 部屋にものが多い
  • 部屋に段差が多い
  • ずっと家にいる

といった場合には、あんまりおすすめできません。

とりあえず、我が家は買ってよかった家電NO1でした!