コスパ重視で生きたい人生だった

なるべく楽して生きて行きたい30代サラリーマンのブログ

デスクワークでひどかった背中のコリを解消した筋トレ

f:id:dett0826:20170913010254j:plain

どうも。dettです。
仕事はデスクワークです。

毎日朝から晩まで、椅子に座ってディスプレイを眺めるのが仕事です。

そんな生活をしているので、肩こり、腰痛といった、デスクワーカーならではの体の不調に悩まされていました。
その中でも一番つらかったのが、背中のコリ

背骨の両サイドの筋がかちかちにこっていて、腕を回すだけで肩甲骨周辺がゴリゴリします。

あまりにも辛いので、整骨院やマッサージ、湿布やサロンパスなどいろいろ試してはみました。
どれも一時的にはマシになりますが、対症療法といった感じで、根本的な解決になってはいませんでした。

背中のコリには背中の筋肉「僧帽筋」の筋トレが一番効果的

結論として、ぼくが一番効果を感じたのは背中の筋肉「僧帽筋」を動かす筋トレです。

僧帽筋を鍛えるのはいろいろな方法がありますが、自宅で器具無しでできて、かつ最も効果を感じたのが「デクラインプッシュアップ Gackt ver.」というやつです。
言葉で説明するよりも、まずは動画をご覧ください。
(動画タイトルは大胸筋を鍛えるとなってますが、僧帽筋にも効果があります)

www.youtube.com

僧帽筋を鍛える筋トレのやり方

動画を見れば解説がでていますが、以下でも解説です。

1.足を乗せる安定した台(例えばイス2脚)を用意する。(椅子1脚では幅が狭いです)
2.台に両足を乗せ腕立て伏せの形を作ります
3.両手の幅を肩幅2つ分程度に広げます
4.右手の中指が4時の方向、左手の中指が8時の方向になるように手首を回転させます
  (一般的な腕立て伏せと比較して、手首を体の外側へ回転させた状態です)
5.目線は斜め前、お尻を少しあげます
6.あとは腕立て伏せの要領で、胸を床につけるようにゆっくり下げます
7.下がり切ったら、素早く元の位置まで体を持ち上げます
8.6、7を繰り返し。この動作を30回、2セット行います

やってみて感じたポイント

 ・ぼくみたいなひょろガリは15回2セットからのスタートがちょうどでした
 ・回数をこなすよりも、正しいフォームで筋肉を使うほうが効果的のようです
 ・疲れてくるとお尻が下がりますが、そうなると筋肉への刺激が激減する気がします
 ・あまり無理をしたり、フォームが怪しかったりすると、手首を痛めます(ぼくは一度痛めました)

 ・普通の腕立て伏せも一時期試していましたが、背中のコリの解消という意味ではあまり効果が感じられませんでした

やってみて感じた効果

 ・背中のコリの解消
 ・肩こりの解消

というわけで、背中のコリ、肩こりに悩まされている方は是非一度試してみてください。

ポキッ、ぐったり、ぷよぷよしない体をつくる 自重筋トレ+骨トレ
自重筋トレ100の基本 (エイムック 2630)
プリズナー・トレーニング 圧倒的な強さを手に入れる究極の自重筋トレ
見ながらできる! 自重筋トレダイエットDVD BOOK (宝島社DVD BOOKシリーズ)