コスパ重視で生きたい人生だった

なるべく楽して生きて行きたい30代サラリーマンのブログ

アメリカへ旅行・出張するのに絶対必要なESTA(エスタ)の2つの注意点

f:id:dett0826:20171107012616j:plain

どうも。dettです。
先日、アメリカへいってきました。

これまでの海外旅行では、パスポートと航空券さえあれば入国可能な場所ばかりでした。
ビザ?なにそれ?状態です。

ところが、アメリカ。
ビザではないけれど、ESTA(エスタ)というものの事前申請が必要です。

はじめての経験で、いくつか戸惑った部分もあるので、備忘録として。

アメリカ入国時に必要なESTA(エスタ)とは?

ビザ免除プログラムの一部。
短期(90日以下)の商用・観光目的で旅行する際に申請が必要です。

2009年以降、義務化されています。

料金

14ドルの料金が必要で、クレジットカードで支払いが可能です。

申請方法

以下のサイトから個人ごとに申請となります。
Home | Official ESTA Application Website, U.S. Customs and Border Protection

上記サイトのヘルプによると、渡航の72時間前までの登録が推奨ですが、登録が遅れてしまった場合でも搭乗手続きまでに完了していれば渡航は可能な模様。
また、ほかに有効なアメリカのビザがある場合には申請は不要となります。

申請時に必要なもの

パスポート
クレジットカード

ESTA(エスタ)の登録における注意点3つ

その1 公式サイトから登録がお得

ESTA(エスタ)の登録において、申請の代行サイトが複数存在します。
「ESTA」や「ESTA 申請」で検索すると、場合によっては公式サイト(上記)よりも上に代行サイトが登場します。

ここからの申請の場合、3倍以上の料金がかかる(ぼったくられる)ため、公式サイトからの登録を強くおすすめします。

その2 申請の結果は自分で確認が必要

ESTA(エスタ)登録時に、メールアドレスの記入があるため、結果がメールで届くと思っていましたが、何日かたっても音沙汰がありません。
実は、自分で確認が必要でした。
確認方法は、以下URLにアクセスし、パスポートの情報を入力すれば確認が可能です。

https://esta.cbp.dhs.gov/esta/application.html?execution=e1s1

その3 なるべく早めの申請が安心

上で書いた通り、ESTA(エスタ)の申請は72時間前までに完了することが推奨されています。
ただし、これは申請が無事承認されることが前提です。
なんらかの事情により承認が下りなかった場合、申し込みから否認までの回答が72時間かかる場合がありますので、直前での申請は避けるのがよいでしょう。

以上、ESTA(エスタ)の登録における備忘録でした。