コスパ重視で生きたい人生だった

なるべく楽して生きて行きたい30代サラリーマンのブログ

はじめての離乳食(10倍がゆ)を作るのに買ったほうがいい道具と、家にあるもので代用可能なもの

f:id:dett0826:20180819162040j:plain

どうも。dettです。
最近娘が生後半年を迎えそうなので、離乳食を与えてみることにしました。

ものの本で調べたところ、最初に与える離乳食は10倍がゆです。
10倍がゆを家にあるものをなるべく活用して作ってみたところ、買ったほうがいい道具と代替の家庭にあるもので代用できるものがわかりました。
これから離乳食を始める子供をもつ皆様にFYI。

買ったほうがいい道具

1.裏ごし用の道具

最初は100均で購入した茶こしで裏ごしをしていました。
しかし、茶こしは網目が細かく、裏ごしに時間がかかる、かつ、ご飯に粘りがでてしまいます。

ということで、裏ごし用の道具を準備しました。
こちらは網目が程よい大きさで、効率的に裏ごしできます。
10倍がゆの後の離乳食の事も考えると、裏ごし用の道具は一つ準備しておいて損はないと思います。

2.プラスチック製の涎掛け

子供が生まれると、結構な数の涎掛けをお祝いとしてもらいました。
でも、どれも布製です。
布製の涎掛けでも本来の目的である涎や食べこぼしが服につかないようにする、ってことは達成できます。
が、食べこぼしの量が多いと下までたれたり、服の代わりに涎掛けが汚れてしまい、結局洗濯しなければいけません。
これってあんまり意味なくね?って思って調べてみました。
すると、世の中にはゴムやビニールでできた涎掛けがあるようです。
このタイプの涎掛けだと、下に食べこぼしをキャッチする窪みがあり、量が多くても全部そこにたまります。
また、汚れてもさっと水洗いできれいになり、食器水切りカゴに並べておけばすぐに乾きます。

いろいろ見てみたところ、ゴム製の涎掛けもありますが、こちらはぺらぺらで、食べこぼしが多すぎると、下の窪みがべろーんとなってこぼれたりするようで。
プラスチック製のものをおすすめします。
我が家はベビービョルンのソフトスタイを購入しましたが、めっちゃ便利で重宝してます。

ベビービョルン 【日本正規品保証付】 ソフトスタイ オレンジ 046270

ベビービョルン 【日本正規品保証付】 ソフトスタイ オレンジ 046270

家にあるもので代用可能なもの

1.鍋などの調理器具

10倍がゆは以下の調理器具があれば作れます。
 ・鍋(or炊飯器)
 ・マグカップ(or茶碗)

鍋でおかゆを炊く際には、水を張った上でマグカップや茶碗に10倍がゆの材料を入れて作ると、鍋が焦げ付かないです。

2.食器

 ・小さいお皿
 ・小さいスプーン
があれば、10倍がゆを食べさせることができます。
特にスプーンは、横幅が小さめのものが赤ちゃんの口に入れやすいので、横幅が大きいもの敷かない場合は一つ購入してもいいかも。

ののじ 離乳食スプーン CUT-15

ののじ 離乳食スプーン CUT-15

3.保存容器

我が家は
 ・製氷皿
 ・ジップロック
で保存しています。
最初は製氷皿で1回分のサイズに冷凍し、完全に凍ったらジップロックへ移し替え。
離乳食全般でこの保存方法が使えるので、万が一家に製氷皿やジップロックがない人がいれば高いものではないので絶対買っておくべき。

パール金属 製氷皿 M 21個取 ボックス付 アイス トレー クーリス 日本製 H-5235

パール金属 製氷皿 M 21個取 ボックス付 アイス トレー クーリス 日本製 H-5235

ジップロック コンテナー ごはん保存容器 薄型 2個入

ジップロック コンテナー ごはん保存容器 薄型 2個入

いろいろ選ぶのが面倒な人は、こういうセットになったやつを一つ買えば、たぶん便利。
うちもお祝いでもらったやつがありますが、重宝してます。

ピジョン 調理セット 離乳食用

ピジョン 調理セット 離乳食用